円形付着強試験
付着強試験新提案

角形から円形へ、新しい試験のかたち。
円形付着強さ試験の特長
▼一般的な付着強さ試験との比較

任意の深さかつ均一な切込み深さの確保が可能

専用コアドリル「サークルダイヤコア」にマーキングをして切込みを行うことで、
任意の深さかつ均一な切込みができる。
【角形】

付着面積1600mm²
(40×40mm)

【円形】

付着面積1590mm²
(φ45mm)

貼付け時の固定が確実

ゴム製リング「サークルグリップ」を用いることで、貼付け作業時に円形付着治具「サークルアタッチメント」
試験位置からのズレや傾きなく固定できる。
【角形】

テープによる固定

【円形】

「サークルグリップ」
による固定

補修時間の短縮と補修後の景観性が良好

補修範囲が井桁状に広がらないため、補修時間を短縮でき、補修後の景観性も良い。
【角形】

補修範囲が井桁状

【円形】

補修範囲が円状

ディスクペーパー等で接着に支障をきたす藻、コケ等を除去する。
軽量ハンマードリルを回転モードにし、サークルダイヤコアで全周が躯体に達するまで切込みを行う。
サークルグリップの挿入長を確保するため、被覆材表面から最低6mmは切込みを入れる。
サークルグリップを切込みに挿入し、外周が被覆材表面に接地していることを確認する。
エポキシ樹脂系接着剤でサークルアタッチメントの貼付けを行い、 硬化まで養生する。
被覆材表面に対して垂直になるようにテクノテスターをセットし、試験を行う。

ねじの呼びW3/8
軽量ハンマードリル用
品 名 サークルアタッチメント サークルグリップ サークルダイヤコア
品 番 CAT-45CA-W30 CAT-45CG CAT-45DC-SDS
ねじの呼びW3/8
品名 サークルアタッチメント
品番 CAT-45CA-W30
品名 サークルグリップ
品番 CAT-45CG
軽量ハンマードリル用
品名 サークルダイヤコア
品番 CAT-45DC-SDS


(接着力・付着力引張試験器)

特長
  • 荷重と変位を同時に測定可能
  • 内部メモリでデータ蓄積が可能
  • 小型、軽量
  • 最大値ホールド機能付き
  • 電源は乾電池

  • 円形付着強さ試験 パンフレット ダウンロード
  • 円形付着強さ試験 作業手順書 ダウンロード
  • 農業水利施設における無機系補修材料の付着性評価(鳥取大学農学部 教授 緒方英彦)ダウンロード
  • 円形治具を用いた無機系補修材の付着強度試験方法の開発に関する基礎的研究(農業農村工学会論文集 88巻掲載)ダウンロード